南陽市雇用創造協議会

 厚生労働省 実践型地域雇用創造事業

〒999-2292 南陽市三間通436番地の1(南陽市役所内)

土産品・新メニュー

南陽市では、厚生労働省の委託を受け、平成26年から土産品・新メニュー開発事業を進めています。
南陽市の食材を使った新たなメニューをご紹介します。
詳しいレシピは、南陽市内の菓子店や飲食店、旅館などに提供しますので、お問い合わせください。

平成26年度公開の土産品・新メニュー


南陽市の新しい土産品として「南陽フロランタン」を、新メニューとして「山形牛のマール漬け」を開発しました。詳しくは、下の写真をクリックしてください。





南陽フロランタン



 クッキ一生地にナッツ類をのせキャラメルでコーティングする一般的なフロランタンとは違い、最中の皮を使うことで食感や舌触りが良くなっています。

 また、観光案内所(南陽市)のお土産品として一番人気の唐辛子を入れることで、辛みのあるちょっと変わった味に仕上がりました。

 サクッとした軽い食感と、ピリッとした辛みが後を引く、南陽市独特のフロランタンになっています。

山形牛のマール漬け



 「マール漬け」の「マール」とは、ワインを造る際に出るぶどうを絞った後の皮や種のことを言います。(フランス語です)

 南陽市には、個性豊かなワイナリーが4社あります。
 南陽市のワイン醸造の歴史は古く、明治時代の中頃から始まったと言われ、代々受け継がれてきた製法と丁寧な作業で、自然の恵みをたっぷりと結め込んでいます.

 どんなに上質なワインであっても廃棄されてしまうマールですが、これをどうにか活用できないかと考えて開発したのが、この「山形牛のマール漬け」です。

 地元南陽産のマールに山形牛をじっくりと漬け込むことで、ワインの香りとさっぱりした美味しさを一緒に味わえる、南陽市ならではの新しいメニューに仕上がっています。



.